トライシェルティーの龍嶺とそのファミリーの日記 2012年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍嶺とビワの葉温灸~たまにはこんな感じで~

P1140470_convert_20120328224609.jpg
恵庭北療院の及川先生と龍嶺の2ショットです(もちろん施術後です)

龍嶺の事が心配のあまり愛するがあまりビワの葉温灸&カイロの話をするとき重くなりがちでした~
しかし、施術を始めて一か月たちますし根気のいることは、はなからわかっていましたので
ここらで少し力を抜くことにしました

龍嶺はすっかり及川先生に信頼をおき、恵庭でもお山の2階でも警戒心を出すことはなくなりました
施術中も隙あらば及川先生にディープに迫ります
前回のスペシャル施術の時、清水院長にも迫りかけ「なんだ、男か」という顔をして及川先生にと笑っちゃいました

P1140461_convert_20120328224521.jpg
「あ~~きもちいい~~」
P1140374_convert_20120328223712.jpg
P1140440_convert_20120328224424.jpg
龍嶺はお尻や背中をしてもらうのが好きなようです

「どのつぼを押さえればいいかは患者様が教えてくれる」と及川先生は習ったそうです
前に男の子のビワ温灸をしていた時に症状とはあまり関係ないお腹を希望し温灸したところ
翌日かなり症状が回復したそうです、つぼの位置は本に書いてあるように杓子定規にあるのではなく
個人個人で微妙に位置が違う、一見関係なさそうに思えるつぼの希望も本能的なもののようです
龍嶺の「及川先生ここをお願いします~」も野生の感でしょう
龍嶺は患蓄ですがね~~

P1140394_convert_20120328225158.jpg
でへへ
P1140370_convert_20120328223547.jpg
また、来週ね 
スポンサーサイト

 グピオ君とグピコちゃん。


グッピーズは相変わらず母を癒してくれております
最近も34匹の赤ちゃんグッピーが産まれました
しかし・・・全赤ちゃんが針病及び疑いのある子達ばかりでした
ここまできたらもう母のしていることは完全に身勝手な繁殖
癒してもらっている恩を仇で返している状態です

P1140486_convert_20120328221016.jpg
針病の子その疑いのある子達のメチレンブルーを入れた薬水槽です

もう遅いよ!とグッピー達に怒られるでしょうが、オスとメスを分けました

P1140476_convert_20120328215912.jpg
オスのいるB水槽です、分け方は母の目利きですので不安はありますが・・
P1140482_convert_20120328220047.jpg
メスのC水槽、改めて数の多さを実感しました

今度こそしばらくはこのままでいきます、グッピーの居ない生活はするつもりはもうないので
自然淘汰を見守りながら、新しい子達の検討をしていきます

P1140480_convert_20120328220006.jpg
針病・その疑いを克服してくれた子達ですトリートメントタンクで水槽に戻る準備をしています

今週はお山で、スペシャルケア!

10日の土曜日に母の都合で恵庭に行けなかったので今週はお山でやって頂きます
(いや~良かった、良かった

見た感じ同じような写真が続くので今日はあえてパールから
P1140305_convert_20120322221741.jpg
背中ピィーを(わかる人にしかわからない)やってもらいましたが
今回はどこも異常無しでした

P1140311_convert_20120322222302.jpg
清水院長~、パール気持ち良いです


さてさて、龍嶺のスペシャルタイムです
この日清水院長のカイロと及川先生のビワの葉温灸を同時施術してもらったんです
P1140318_convert_20120322221820.jpg
P1140322_convert_20120322221925.jpg

いつもはどこをどうして頂いているのかを教えてもらうのですがこの時は忘れた・・

P1140333_convert_20120322222133.jpg

涙管の所を施術して頂いています角膜ジストロジーは涙を出し新陳代謝を良くするといいそうです

P1140330_convert_20120322222005.jpg

スペシャルな一枚、沢山撮ったのに使えるのがこれだけでした

あっ・・・この日龍嶺のおデブが確定しました
小野寺先生の目はごまかせなかったです
その夜からダイエット開始しました

恵庭でビワの葉温灸。

3月10日(土)温灸の日
先にこの日の温灸持続時間を書きますと4時間程でした、前回が約12時間でしたから
う~~ん、奥が深いぜと思いながら及川先生にいつもの報告メールを入れました
返信メールに書かれていたことは、この日は前回とは違う眼のつぼを中心に施術してくれたとのこと
ここであせって素人の浅はかさを出してはいけません
治らないとされている眼病に立ち向かっているのですから根絶させる為には元からやっつけなければです

P1140262_convert_20120322124239.jpg

P1140285_convert_20120322125405.jpg

P1140273_convert_20120322124638.jpg

P1140291_convert_20120322125800.jpg

最後に眼の上の骨をチェック施術前は出っ張っているのが終わると無くなっているんですよ
本当に不思議

P1140302_convert_20120322125849.jpg

お母さんが大笑いしながら大喜びしているんですが
僕はどうなっているんですか



角膜ジストロフィーに立ち向かえ!②

3月4日(土)に角膜ジストロフィーの対策をメインとしたビワの葉温灸を受けに
恵庭北療院に行ってきました、室蘭・登別を出るときは旦那の運転が当たり前の母にとって大冒険でした
龍嶺の目のためなら何でもするわ

この日母は及川先生に
「 ビワの葉温灸とはなにか? ビワの葉温灸の何が効くのか? 龍嶺の体のどの部分にあてているのか? 」という
基本的な事を改めて教わってきましたその中で
特筆すべきは成分の一つビタミン17(アミグダリン)が癌治療にも使われていると言う事
病巣にまで届くという解釈をしました
P1140222_convert_20120307231404.jpg
犬の筋肉の図です
P1140223_convert_20120308212244.jpg
ビワの葉温灸をあてている場所は

1 鼻唇挙筋  2 眼輪筋 3 頬骨筋 4 前頭筋 と
腕と背中の眼・肝臓につながっているところ
人に例えると首後ろの髪の生え際と眼の上下横にあたります
それではスタート

P1140171_convert_20120307230356.jpg
相変わらず最初は警戒モード
P1140173_convert_20120307230451.jpg
あっ、思い出した気持ちいいやつだ
P1140179_convert_20120307230639.jpg
P1140206_convert_20120307231027.jpg
P1140199_convert_20120307232028.jpg
龍嶺はお尻が大好き
P1140189_convert_20120308215335.jpg
P1140186_convert_20120308215153.jpg
P1140204_convert_20120307232111.jpg
P1140213_convert_20120307232305.jpg
見ているときは全然違う場所にあてているのがわかるのですが~、母の撮り方が悪いんだな~

たっぷりと時間をかけてやって頂きました
そして終わりまじかのそのときだったでしょうか、母は気が付きました
龍嶺の眼の白濁が薄くなっている
及川先生~~~と母は雄たけびました
ビワの葉温灸の即効性は確認できました、後は持続性です
帰ってからも観察しつづけた結果約12時間維持しました
いや~励みになります


P1140247_convert_20120307231454.jpg
及川先生また来週来るね~


ビワと健康
http://homepage2.nifty.com/biwa-fukyukai/

グッピーの話は続きます。

お山で産まれ、我が家に里子に来てくれた5匹のグッピー達が
今では100匹近い赤ちゃんを産んでくれて、多いに癒されている母です

しかし、増えるごとにそれなりにハプニングも出てきます
白カビ病・尾腐れ病からはじまり、最近では針病の稚魚が多くなり
エロモナス感染症の子も出てきました(ポップアイの症状だったのですが薬浴でほとんど治ってきました)
原因は色々ありますが、やはり近親で増やしすぎたかと思い
今、産子ケースに居る子が産んでくれたら自然産子に戻そうと決めました
そう決心したんです! ええ、だから自然に増えるのは良いんですとも

P1140159_convert_20120303020515.jpg

P1140163_convert_20120303020703.jpg

お絵かきソフトが調子悪く丸印が付けられませんが
昨日気が付きました、5匹の確認が出来たので少なくても10匹はいるんじゃないかと・・・
この子妊娠してるぽいな~と思った子は確かにいたので母の目利きは合っていたという事になります
(そういう問題じゃないかしら)
この子たちはこのまま専用水槽に入れることなく過ごさせるつもりですが
無事に育って欲しい気持ちは変わりませんので、一日数回の観察は欠かしていません
それでわかったのですが一匹今までにはいなかった大物がいました
なんと産まれて間もないというのに大人グッピーに混じって泳いでいたんです
これは貴重な赤ちゃんだと思い写真を撮ろうとしたのですが
さすが大物! 動きが速すぎてダメでした
自然産子に戻す決心をした途端のサプライズに更に癒されている母でありました。

カイロとビワ温灸で角膜ジストロフィーに立ち向かいます。

先週の金曜日の夜に龍嶺と見つめあった時に母は気がつきました
向かって右目の中央あたりになんか白っぽい丸に・・・
その週はパールやアリルと小競り合いをよくしていたので、傷でもついたのかと思い
土曜日に吸入を受けに行くめーぷると一緒に獣医さんに連れて行きました
(この段階で母はいたってお呑気気分でした)

さぁ、診察がはじまりました(母まだお気楽気分)

結果、角膜ジフトロフィーでした 
角膜が白く濁る病気です両目に発症するそうですが龍嶺はまだ片目だけです

1~2歳で発症することが多く獣医さんの経験でもシェルティーに多い病気だそうです
遺伝性であるというこがわかっているだけで
原因不明・特効薬無し(原因がわからなければ当たり前ですよね)・進行性である
悪の3ボスが揃ったこの現実、かなり辛いです

せめてもの救いが犬に違和感・苦痛はないということと失明は稀だということ

一安心しかけた母ですが、失明は稀=失明は無い、ではないということに気づきました
そして「龍嶺は稀な子」になる可能性は誰にも否定できないんです
自己免疫疾(診察済)天ほうそう(漢字が出てこなかった)(未診断ですが症状的にそうである可能性が高い、龍嶺の訓練士さん小野寺先生が調べてくれました)
そして今回の角膜ジフトロフィーと命にかかわるものではありませんがちょこちょことある子です

完治のない病気とされていますがなにか手立てはないのか、と
ネットで検索しまくりましたが残念ながら見つからず、わかった事は
この病気の子と飼い主さんが沢山いるという事だけでした

うなだれる母の脳裏に浮かんだことは
そうだ!明日はカイロの日だ!ビワ温灸の日だ!

カイロは長いこと辛かった父の膝痛を治してくれた!
ビワ温灸は消える事は無いと言われたお仲間犬の結石を消した!
そうだ!そうだった!

次の日早速清水院長(整体師)と及川先生(鍼灸・ビワ温灸師)に龍嶺の現状を話しました

清水院長はさすがでした、角膜ジフトロフィーに詳しかったです
家でも出来るマッサージのやり方を母に手ほどきしてくださり
効果の期待できるサプリ(ルテイン)を教えてくれました
(穴のあいた角膜が治ったという実証話付き、これは心強かったです)
はっきり見えた希望の光に嬉しくて泣きそうになった母ですが、色々と教わっているところなので
泣いている場合じゃない!

その間龍嶺は及川先生にディープに迫っていたらしい、すみませんまったく気づきませんでした

龍嶺&母がカイロ・ビワ温灸で角膜ジフトロフィーに立ち向かっていく経過を
これからブログにアップしていきます(清水院長・及川先生公認)
人も犬も診てくれる整体師さん鍼灸・ビワ温灸師はどこにでもいるわけではないと思いますが
同じ病気に悩むワンちゃんと飼い主さんに
このような方法もあるんですよと伝えられたら良いなと思っています。

恵庭北療院 
0123-34-3646
恵庭市泉町4-4

HPアドレス
http://ameblo.jp/eniwahokuryouin/theme-10044928696.html


プロフィール

ミルトウサ

Author:ミルトウサ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。