トライシェルティーの龍嶺とそのファミリーの日記 2011年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さかのぼること ②。

さかのぼり日記2日目 H家に撮っていただいた龍嶺編



走るフォームが何かおかしいぞ 

なんですかこの 4脚バラバラ的な走りは 一瞬の動きなんでしょうね

しかし 見れば見るほど 本当に走っているのかなと思っちゃいます
なんか 後ろ脚で歩いているように見えませんか
  





今でも時々思います 
龍嶺はアジが好きかな~ とか アジをやっていて楽しいかな~ とか
まぁ どちらに転ばせるかの全てはペアである母次第なんですがね

龍嶺の性格は訓練を通してよくわかっています
「 あげあげ ほめほめ 」 が 効果有りと わかっていても
なかなか 上手くは出来ません 
そんな風に考え込んだ時にみなさんが撮ってくれた 励まされる写真の数々
なかなか真剣な顔の龍嶺 なかなか楽しそうな龍嶺
これからもこんな写真を 沢山撮ってもらえるように 沢山走ろう~っと 。

       




スポンサーサイト

さかのぼること、6月26日 。

お山のみなさんに 撮っていただいた  お写真を一人で えへら・えへらと見続けて
「そーだブログに載せよう」と思った本末転倒な母でございます
まずは6月26日のU人アジQ編



あえて拒絶場面を載せてみました 不安要素①のレンガ

母の誘導が悪いと ( 龍嶺との距離・ホップ指示のタイミングなど)
「 飛びません! 」 と ガンと動かない時があります



こちらは大好きなスラローム  
ポテポテスラロームから 最近少しスピードが付いてきました 
やるたびに龍嶺のフォームが違います 
「 どうするのがいいかな~ 」 と 考えているのでしょうね 



まだ 「 よいしょ 」 的な飛び方をしています
たまーに 「 そうそう、それそれ 、その飛び方だよ 」 と いう時もあるのですが
定着するのはまだかかりそうですね



ひゃほ~い 俺飛んでま~す。

 


2011年札幌アジリティークラブアジリティー競技会①。



龍嶺がJKCで一度に初出走しました
16日は母と17日は父と走りました~
結果はと言うと
 
16日 JP 標準タイム40秒のところ +1.94秒のタイムオーバー
       しかしノーミスで走った為 何と6席
    AG 標準タイム53秒のところ +15.88秒 おまけに拒絶1で
       31頭中30位

17日 JP 標準タイム40秒のところ +12.32秒で 33頭中30位
       走りはノーミス
    AG 標準タイム49秒のところ +14.53秒更に拒絶2で 20頭中16位

う~む 4走共完走はできているが すべてタイムオーバー
これって 練習でどこまで改善できるのだろうか? ・・・ しかしやるしかない!
おもいついたこと できること やれることはすべてやるしかない!!

母にとって2代目アジパートナーの龍嶺君
こんな風にノーミス完走はするがタイムオーバーでCRは難しいかな~ と母は思い始めています
 
ノーミス完走・・・ 初代パートナーのパールと走っているときには出来なかったことが
出来ているというのに 母は欲張りですね
でも 龍嶺と走るのはとても楽しいです 4走中一番良かった16日のJPの+1.94秒も
時間が経てば悔しく思うのかなと考えていましたが そんなことはなく
あるのは龍嶺と走り切った充実感だけです

「 楽しむこと 」 アジの神様は母にそれを教えてくれるために
龍嶺をよこしてくれたのかな~ なんてね~ あっはは~ 。





子供達写真集②

7月のJKCに向けて父・母がそれぞれが自分のペースでできることをやっております 
そんな中父が平日から実に積極的に山に  
みなさんと楽しんだり・練習したり かなり充実しているようです

ある日写真を撮っても良いよ~ と お山の先生がカメラを貸してくれたそうです
馬鹿親スイッチの入った父 まぁまぁ 同じような写真ばっかり撮ったようです
(競技会や練習会でもそうでみなさんに笑われているのに)



タイトル 「 走れめーぷる 」 直立の尻尾から予想するに
めーぷるのMAX走りなんでしょうね



タイトル 「 めーぷるです うふっ 」
さてここで問題です 父と母どちらがお馬鹿でしょう 

 

タイトル 「 チャームポイントは赤い舌 」
楽しそうに走っております 母感涙であります



タイトル 「 僕の宝物 」
 
龍嶺の写真まで撮らせてもらっているのに
パールの写真が一枚も無い・・・ お尻姿が一枚だけ
お尻フェチは二人もいらないのに 



子供達写真集。

パール・アリルがアジリティーをリタイヤしてから
練習会、競技会共に連れていくのは龍嶺だけにしています
十分にかまってたやれませんし、龍嶺の集中したいがためです
最近の写真は当然龍嶺圧倒的に多しです



箱根牧場にいくと必ず撮る 顔だしパネル 何気ない顔をしていますが
この一枚撮るのにどれだけかかったことか 
みんな怖がるんですよね
 なぜでしょう 



微妙な表情の親子



母とは笑顔の龍嶺 やっぱりね~ 



オプディスの記事の時に載せ忘れた 賞品のお米です
実用的でありがたいです 

楽しいことならいっぱ~い。

たまってしまいました、 楽しいこといっぱ~い 書きたいこといっぱ~い
それでは6月25日に箱根牧場で行われた オプディス編~

父&龍嶺ペア ノビース1



なんと3席 やった~  と言いたいところですが 出走が3頭・・・
つまり失格にならなければ 入賞なのです 
スタート直後の父と龍嶺の接触におとがめなしだったのも優しい規定のおかげ 
ちなみにどうして接触したかはわからないと父は申しておりました
ビデオで見る限り どうも龍嶺が勝手をしかけてるようにみえます
その予想を裏付けるかのような一枚があります



なんか怪しい・・・龍嶺の目線・・・
まぁ 終わったことですし 確認のしようもないのでこれ以上の追及はしないでおきましょう



母&龍嶺ペア ノービス2

母の必死さが伝わる一枚かと・・・ 右指と左指が同じになってるし
拒絶なしの規定のおかげでCRしましたよ

プロフィール

ミルトウサ

Author:ミルトウサ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。