トライシェルティーの龍嶺とそのファミリーの日記 未分類

テスト


スポンサーサイト

テスト


初盆。



初盆です。
1年が経ちようやく、ようやくめーぷるがいなくなった現実を受け止められるようになりました。

体は無くなっても魂は側にいる、みたいな話がありますが
体がなくなり目の前から居なくなる事のショックは想像を絶します。
実際眠っているめーぷるが居るうちは
意外に落ち着けていました…。

少し前まではめーぷるが居なくなったことを認められませんでしたしかしその分大変都合良く感情をコントロールすることが出来たため悲しい気持ちも誤魔化せていて案外落ち着いて過ごせていたものです。

しかしその日は突然来ました
めーぷるはもういない…
めーぷるはもういない…
めーぷるはしんでしまった…
その現実を突きつけられた瞬間心が潰れるかと思いましたよくもこんなに泣けるものだというぐらい泣きました。

だけども1年という時間は確実に流れていますこのような文を打てる位ですものね。

今夜あたり夢にでも出てきてくれないかな~。


初盆。



初盆です。
1年が経ちようやく、ようやくめーぷるがいなくなった現実を受け止められるようになりました。

体は無くなっても魂は側にいる、みたいな話がありますが
体がなくなり目の前から居なくなる事のショックは想像を絶します。
実際眠っているめーぷるが居るうちは
意外に落ち着けていました…。

少し前まではめーぷるが居なくなったことを認められませんでしたしかしその分大変都合良く感情をコントロールすることが出来たため悲しい気持ちも誤魔化せていて案外落ち着いて過ごせていたものです。

しかしその日は突然来ました
めーぷるはもういない…
めーぷるはもういない…
めーぷるはしんでしまった…
その現実を突きつけられた瞬間心が潰れるかと思いましたよくもこんなに泣けるものだというぐらい泣きました。

だけども1年という時間は確実に流れていますこのような文を打てる位ですものね。

今夜あたり夢にでも出てきてくれないかな~。


めーぷるの初盆。



初盆です。
1年経ってようやくめーぷるの死を受け入れられました、それまではただただ悲しくてめーぷるの不調に気づいてやれなかった自分が許せなくていました。

自分を責める気持ちは変わりませんが
めーぷるはもういない
めーぷるはしんでしまった
という事実が突然頭に浮かんできて
認めざるを得なくなってこれ迄で一番泣きました
よくもまあこんなに泣けるものだとおもいながら泣きましただけど受け入れる事と引き換えにようやく落ち着いてきました、もしかしたらめーぷるからのメッセージかもしれない「もうそろそろいいよ」的な天国にいってまで母の心配はさせたくない…めーぷるの想い出を整理し始めようと思います。


プロフィール

ミルトウサ

Author:ミルトウサ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR